電話お問い合わせ
車輌の全在庫一覧へ お気に入り車輌を見る 採用情報

サービス・キャンペーン

探しますお求めの車輌 保障サービス ご紹介キャンペーン 塗装サービス
販売・買取対象エリアは全国47都道府県全域! 商用車輌の形状をご紹介します! キントラの遊び場

提携会社情報

株式会社HANABI 株式会社JTMT 船販売ドットコム 船買取ドットコム

近畿トラック販売ホーム商用車輌の種類|脱着装置付コンテナ専用車とは

脱着装置付コンテナ専用車

Container truck

脱着装置付コンテナ専用車_main_image 脱着装置付コンテナ専用車_sub_image

■ 脱着装置付コンテナ専用車とは

脱着装置付きコンテナ専用車とは、空の荷箱(コンテナ)を自力で脱着出来るアームをトラックシャーシに搭載した車輌を指します。

一般的には、アームロールと呼ばれる事が多い脱着装置付きコンテナ専用車ですが、「アームロール」の呼び名は新明和工業製造の「脱着ボデー車」の商品名であり、各架装メーカーによりその呼び名は多種存在する。

例えば、新明和「アームロール」。極東開発工業「フックロール」。

カーゴテック社ヒアブ「マルチリフト」。イワフジ工業「ロールリフト」等がある。

脱着ボデー車の利点として、複数の脱着ボデー車対応のコンテナがあれば、各現場でコンテナを据え置きしていれば、コンテナに産業廃棄物等を廃棄している間は脱着ボデー車はその場で待ち続ける必要はなく、現場でコンテナが一杯になった後に空のコンテナを積んだ脱着ボデー車を現場に走らせ、コンテナの入れ替えをして一杯になったコンテナを持ち帰る。

現場ではコンテナを置いてさえいれば良いので、コンテナを回収する脱着ボデートラックは1台で済むので、この作業効率の良さこそが脱着ボデー車の最大の利点となる。

用途別車種として、アーム式の脱着装置を装備した脱着ボデー車だと高さに制限がある現場では天井に接触する恐れがあり、そのような現場で活躍出来るように開発されたワイヤロープ式の新明和「ロールオン」と呼ばれる車輌もある。

ワイヤロープ式だと、車輌が侵入できない狭路であっても、そのワイヤロープでコンテナを引っ張り上げる事が可能。

コンテナ(荷箱)も各メーカーから製造販売されているが、日本自動車車体工業会認定の製作基準互換性適合車のマーキングシールが貼られた脱着ボデー車とコンテナであれば、メーカが異なったとしても互換性がある。

コンテナのサイズだが、これも多種多様で2t級コンテナ、3t級コンテナ、4t級コンテナ、7t級コンテナ、10t級コンテナ、12tコンテナ等、現場の大きさにもよって、必要とされるコンテナも異なってくる。

現在、製造されている主要架装メーカーとしては下記の通り。

・新明和工業「アームロール」「ロールオン」

・極東開発工業「フックロール」「グランデッカー」

・カーゴテック株式会社ヒアブ部門「マルチリフト」

・イワフジ工業「ロールリフト」

・瑞穂「つむ蔵」

車種選択ページへ戻る 車輌の全在庫一覧を見る
キントラアプリはこちら
関西展示場/0120-948-554 東海展示場/0120-965-625
  • 形状から検索■ 下記より検索方法をお選び下さい。車輌一覧をご覧になる場合はこちら →
  • 全車輌一覧へ
  • ウイング
  • 冷蔵冷凍車・バン
  • 平ボディ
  • クレーン付き・セルフローダー
  • ダンプ・ミキサー
  • トラクタ・台車
  • バス・マイクロバス
  • 高所作業車・穴掘建柱車
  • パッカー・タンク・特装車
  • 重機・その他
絞込み検索 商品番号 メーカー 価 格
絞込み検索