電話お問い合わせ
車輌の全在庫一覧へ お気に入り車輌を見る 採用情報

サービス・キャンペーン

探しますお求めの車輌 保障サービス ご紹介キャンペーン 塗装サービス
販売・買取対象エリアは全国47都道府県全域! 商用車輌の形状をご紹介します! キントラの遊び場

提携会社情報

株式会社HANABI 株式会社JTMT 船販売ドットコム 船買取ドットコム

近畿トラック販売ホーム商用車輌の種類|ダンプとは

ダンプ

Dump

ダンプ_main_image ダンプ_sub_image

■ ダンプとは

ダンプとは、荷台を油圧シリンダの力で押し上げる事により傾け、荷台の積載物を下す装置を備え付けたトラックを指す。ダンプカー、ダンプトラックと呼ばれる事もある。

使用用途としては、土、砂、砂利、砕石運搬用のダンプが最も一般的でよく見かけるダンプになるかと思うが、他にも産業廃棄物運搬用、土砂禁ダンプといった土砂の積載自体を禁止としたダンプも存在する。

土砂禁ダンプが必要になる理由として、チップやペットボトル等、軽量だが大きさ的にかさ張る物品を輸送する際、通常のダンプのあおりでは量的に積めない問題があり、それを解決するべく誕生したダンプがあおりを高くしたダンプ、いわゆる深ダンプとなります。

土砂は重量がある為、あおりが高い深ダンプに土砂を積むと過積載、積載オーバーとなる事もあって土砂等の積載が禁止となります。

詳しくは、荷台(ベッセル)の容積が最大積載量÷1.6を超える場合は土砂の運搬ができない土砂禁ダンプとなり、自動車検査証備考欄には積載物は土砂等以外のものとすると記載される。

他にも積載量をより多く確保出来る長尺ボディのロングダンプ、両サイド、リアから積載物を排出できる三転ダンプ、通常あまり見かけないが、不整地や軟弱地、法面工事や農作業でも使用出来るキャリアダンプ。

ダム工事等の大規模工事で使用される重ダンプといった特大サイズのダンプも存在する。

ダンプを購入する際、荷台(ベッセル)の寸法が各使用者、使用地域、現場により好みが分かれるが荷台サイズの他にも船底型の箱、角底型の箱、荷台床の鉄板の厚み(厚みのある鉄板を装備したダンプを強化ダンプと呼ぶ事もある)等、箱の仕様を決めるのに様々な要素がある。

トラックのサイズとして、2トン(2t)ダンプ、4トン(4t)ダンプ、10トン(10t)ダンプ、他にも増トンダンプと様々なサイズが用意されているが、例えば10トンダンプは積載が10トンあるといった訳ではなく、10トン前後積載が取れているダンプを一般的に10トンダンプと呼ぶことになる。

車種選択ページへ戻る 車輌の全在庫一覧を見る
キントラアプリはこちら
関西展示場/0120-948-554 東海展示場/0120-965-625
  • 形状から検索■ 下記より検索方法をお選び下さい。車輌一覧をご覧になる場合はこちら →
  • 全車輌一覧へ
  • ウイング
  • 冷蔵冷凍車・バン
  • 平ボディ
  • クレーン付き・セルフローダー
  • ダンプ・ミキサー
  • トラクタ・台車
  • バス・マイクロバス
  • 高所作業車・穴掘建柱車
  • パッカー・タンク・特装車
  • 重機・その他
絞込み検索 商品番号 メーカー 価 格
絞込み検索