電話お問い合わせ
車輌の全在庫一覧へ お気に入り車輌を見る 採用情報

サービス・キャンペーン

探しますお求めの車輌 保障サービス ご紹介キャンペーン 塗装サービス
販売・買取対象エリアは全国47都道府県全域! 商用車輌の形状をご紹介します! キントラの遊び場

提携会社情報

株式会社HANABI 株式会社JTMT 船販売ドットコム 船買取ドットコム

近畿トラック販売ホーム商用車輌の種類|パッカー車とは

パッカー車

Garbage truck

パッカー車_main_image パッカー車_sub_image

■ パッカー車とは

パッカー車とは、収集ごみ等を人力以外で自動的に荷箱に押し込み、圧縮する装置を装備している機械式の収集車を指す。

名前の由来として一般的にはpack(詰め込む)-erからとの声が有力。

塵芥車、塵芥収集車と呼ばれる事もあり塵芥収集(ごみ、リサイクル品収集)の意味ではパッカー車、塵芥車両者に使用用途の違いは無く、呼び名としての違いでしか無い。

ちなみに車検証の形状記載には、塵芥車と表記される。

使用用途によりプレス式とも呼ばれる圧縮板式、巻き込み式とも呼ばれる回転板式、見かける事は少なくなったがロータリー式とも呼ばれる荷箱回転式の3種類に分類される。

それぞれに得意分野があり、巻き込み式(回転板式)なら家庭ゴミや造園業者が剪定後に出る小枝など比較的柔らかい物の収集。

回転板でかき上げたゴミ等を押し出し板で荷箱に押し込む構造の為、プレス式と比較すると圧縮率は低めといった所で固い物品は苦手である。

デメリットとしては収集物品の排出時、プレス式の様に排出板によって押し出せる訳ではないので、ダンプアップして重力で排出する事になり、比重の軽い物品は荷箱内に残ってしまう事もある。

次にプレス式(圧縮板式)なら家庭ゴミはもちろん、粗大ごみ、家電、家具に至るまで幅広く収集する事が出来る。

要因としては圧縮板は想像以上に力があり、タンスやベッド等の家具においても容易く粉砕する事ができ、粉砕、タンク底部で圧縮後さらに排出板にて圧縮する事で荷箱内に大量の収集物を詰め込む事ができる。

最後にロータリー式(荷箱回転式)だが、これは円柱型のドラムが回転しながらゴミ等を回収するといった物だが、メリットとしては架装が軽いので、最大積載量が多く確保出来る。

圧縮板などに巻き込まれる心配がないので比較的安全。

デメリットとしては積載量自体は確保出来るのだが、実質、圧縮する機能が無いので量的に積むことが出来ない。

現在、パッカー車の架装メーカーとしては新明和工業、極東開発工業、モリタエコノス、富士重工業、富士車両等がある。

車種選択ページへ戻る 車輌の全在庫一覧を見る
キントラアプリはこちら
関西展示場/0120-948-554 東海展示場/0120-965-625
  • 形状から検索■ 下記より検索方法をお選び下さい。車輌一覧をご覧になる場合はこちら →
  • 全車輌一覧へ
  • ウイング
  • 冷蔵冷凍車・バン
  • 平ボディ
  • クレーン付き・セルフローダー
  • ダンプ・ミキサー
  • トラクタ・台車
  • バス・マイクロバス
  • 高所作業車・穴掘建柱車
  • パッカー・タンク・特装車
  • 重機・その他
絞込み検索 商品番号 メーカー 価 格
絞込み検索