電話お問い合わせ
車輌の全在庫一覧へ お気に入り車輌を見る 採用情報

サービス・キャンペーン

探しますお求めの車輌 保障サービス ご紹介キャンペーン 塗装サービス
販売・買取対象エリアは全国47都道府県全域! 商用車輌の形状をご紹介します! キントラの遊び場

提携会社情報

株式会社HANABI 株式会社JTMT 船販売ドットコム 船買取ドットコム

油圧ショベル

Hydraulic shovel

main_image sub_image

■ 油圧ショベルとは

油圧ショベルとは、主に建設、土木現場で使用される掘削機械を指す。呼称は複数あり、ユンボ、パワーショベル(パワーシャベル)、バックホウ(バックホー)、excavator(エクスカベーター、エキスカベーター)とも呼ぶ事がある。車輌重量が6t未満のものはミニ油圧ショベルと区分される。

呼び名の違いとしては、油圧ショベルは複数ある呼び名の統一名称として、社団法人日本建設機械工業会で定められた名称となる。

ユンボは、もともとフランスのSICAM社(現・ユンボ社)の商品名であり、技術提携した新三菱重工(現・三菱重工業)により「ユンボ」の呼称で国産初の油圧庄ベルとして発売した(三菱ユンボパワーショベル)。

その際、国内で広く普及し、「ユンボ」の呼び名が油圧ショベルの代名詞として定着した。現在では「ユンボ」はレンタルのニッケンの登録商標となっている。

パワーショベルは小松製作所(コマツ)が商品名として使用していた呼び名になる。

バックホーは日本の行政で主に使われている呼称であり、ショベル部分を機体側に引き寄せる方向に動かして作業するタイプの油圧ショベルを指します。

excavator(は世界的な油圧ショベルの呼び方で、外国の人と話すときは「エクスカベーター」と呼ばないと通じない事が多い。

構造、仕組みとしては、エンジンからの動力を油圧ポンプにて油圧力に変換し、油圧の力によって、走行、旋回、複数関節アームの操作を行うものである。

現在は、電気のモーターを搭載した電動ショベルカーも存在する。

また、クレーン機能付き油圧ショベルといった機械も存在し、移動式クレーンと同等の扱いとなる。

走行面では、多くはクローラー式(キャタピラー)によるものだが、タイヤ式と呼ばれる走行性能に優れた機械もある。

ただし、タイヤ式は不整地や悪路での安定性に乏しい。

作業自体は、アーム先端に各種アタッチメントを取り付ける事で様々な作業が可能になる。

解体などで使われるスケルトンバケット、ワニラー、油圧クラッシャー。

法面仕上げに使われる法面バケット。

物をつかむ事が出来るグラップル、クラムシェル。

岩盤破砕が出来る油圧ブレイカー(ブレーカー)。

他にもリッパー等のアタッチメントがある。

現在、油圧ショベルを製造している主要メーカーとしては、日立建機、キャタピラージャパン(CAT)、小松製作所(コマツ)、住友建機、加藤製作所、コベルコ建機、IHI建機、クボタ、ヤンマー等がある。。

車種選択ページへ戻る 車輌の全在庫一覧を見る
キントラアプリはこちら
関西展示場/0120-948-554 東海展示場/0120-965-625
  • 形状から検索■ 下記より検索方法をお選び下さい。車輌一覧をご覧になる場合はこちら →
  • 全車輌一覧へ
  • ウイング
  • 冷蔵冷凍車・バン
  • 平ボディ
  • クレーン付き・セルフローダー
  • ダンプ・ミキサー
  • トラクタ・台車
  • バス・マイクロバス
  • 高所作業車・穴掘建柱車
  • パッカー・タンク・特装車
  • 重機・その他
絞込み検索 商品番号 メーカー 価 格
絞込み検索