電話お問い合わせ
車輌の全在庫一覧へ お気に入り車輌を見る 採用情報

サービス・キャンペーン

探しますお求めの車輌 保障サービス ご紹介キャンペーン 塗装サービス
販売・買取対象エリアは全国47都道府県全域! 商用車輌の形状をご紹介します! キントラの遊び場

提携会社情報

株式会社HANABI 株式会社JTMT 船販売ドットコム 船買取ドットコム

ラフタークレーン

Rough terrain crane

main_image sub_image

■ ラフタークレーンとは

ラフタークレーンとは、ラフテレーンクレーンの通称名の一つであり、ラフターとも呼ばれ、ホイールクレーンの分類に入る。

ラフテレーンクレーン(rough terrain crane)のその名の通り、悪路や狭路でも作業、走行が出来るように造られており、その要因としては、4輪駆動、4輪操舵システムが上げられる。

吊り上げ荷重は、4.9t吊り、8t、10t、16t、25t、30t、35t、45t、50t、60t、70t、75t、75t等、何種類か各メーカにて用意されており、様々な現場に対応できるようになっている。

その車重からスピードを出しすぎると通常のブレーキにて車体を制止する事が難しく、大きい車体には似つかわしくない4トン車用のエンジンが搭載され、走行速度が49km/hまでしか出ないように制限されているのも特徴の一つ。

他の自走式ホイルクレーンとしてオールテレーンクレーン(オルテレンクレーン、オルタークレーンとも言う)と呼ばれる車輌がある。

ラフタークレーンが2軸(4輪)に対し、3軸(6輪)以上の台車にクレーン装置を架装したもので、クレーン操作と運転はラフタークレーンとは違って別の操作室で行う(ラフタークレーンは運転もクレーン操作も同じクレーンキャブと呼ばれる操作室で行う)。

オールテレーンクレーンは最大9軸(18輪)車まで存在し、ラフタークレーンよりも大型化が出来る為、他のクレーン車と比較しても吊り上げ能力の高さが際立っている。

他にも特徴として、車軸を多く取る事から、1軸又は1輪あたりの地面への接地圧の低さから、悪路、不整地での走行で高い能力を発揮する。

現在、国内で使用されている主要車種として、タダノ(オールテレーンクレーン)100t吊り~550t吊り。

加藤製作所(オルタークレーン)30t吊り~400t吊り。コベルコクレーン(オールテレーンクレーン)120t吊り~265t吊りが国内で製造される主要な車種となる。

世界最大クラスのオールテレーンクレーンとなれば、1200t吊りの能力を発揮するものもある(ドイツに本社を置くリープヘル{Liebherr}社)。

他の大型のクレーンとしては、前記2車種のように自走式ではないが、クローラー(履帯)により走行出来るクローラークレーン(Crawler crane)と呼ばれる移動式のクレーンもある。

特徴としては、クローラー式はホイール式と違って地面への接地面積が大きい為、不整地や地盤の柔らかい現場であっても作業する事が出来るが、その反面、移動の際は速度が出ないので、トレーラー等の重機運搬車に運んでもらう事になる。

車種選択ページへ戻る 車輌の全在庫一覧を見る
キントラアプリはこちら
関西展示場/0120-948-554 東海展示場/0120-965-625
  • 形状から検索■ 下記より検索方法をお選び下さい。車輌一覧をご覧になる場合はこちら →
  • 全車輌一覧へ
  • ウイング
  • 冷蔵冷凍車・バン
  • 平ボディ
  • クレーン付き・セルフローダー
  • ダンプ・ミキサー
  • トラクタ・台車
  • バス・マイクロバス
  • 高所作業車・穴掘建柱車
  • パッカー・タンク・特装車
  • 重機・その他
絞込み検索 商品番号 メーカー 価 格
絞込み検索