TOPページへ
戻る

車輌の全在庫一覧へ お気に入り車輌を見る 採用情報
トラック・重機・バス等 商用車買取・販売のことなら、豊和グループにお任せ下さい。

毎日更新中!お見逃し無く!

サービス・キャンペーン

販売・買取対象エリアは全国47都道府県全域! 商用車輌の形状をご紹介します! キントラの遊び場

提携会社情報

中古車(トラック・バス・重機)販売【キントラ】ホーム商用車輌の種類|ブルドーザとは

ブルドーザ

Bulldozer

ブルドーザ_main_image ブルドーザ_sub_image

■ ブルドーザとは

ブルドーザとは、もともとは農業用トラクター前面に排土、盛土、削地、整地の為のドーザーブレード(排土板)等のアタッチメントを装着する形から発展したものであり、ブレード(排土板)を装着し、無限軌道の履体(クローラー式)を備えた建設機械を指す。

後部に土砂等を掻き起こす「リッパー」等を装着したものもあり、他にも車輪を備えたホイルドーザと呼ばれるものもある。

装着履体により乾地ブルドーザ、湿地ブルドーザ、超湿地ブルドーザと区分され、大きさは4tクラスから130tを超える大きさ(世界最大クラス コマツD575A-3だとリッパー、ブレードを装着した状態だと全長約12m、前幅約5.9m、全高約4.9m)の物まで存在する。

ブレード(排土板)の種類は、チルトシリンダを装備したストレートドーザ(ストレートチルトドーザ)、排土板を進行方向に対し最大25度前後の角度を手動にて装着し、押土しながら土砂を左右に排土、盛りこぼしする事が出来るアングルドーザ。

アングルドーザの機能プラス、油圧式のアングルブレードを装着し、操作室から自由に角度を変える事が出来るパワーアングルドーザ。

抜根作業に用いるレーキ板を装着したレーキドーザ等がある。

リッパーの種類としては、スタンダードなもので「マルチシャンクリッパ」。

3本爪が標準だが、リッピングする硬さにもよって本数を変える事も出来る。

シャンクは掘削角度を変えるアジャスタブルリンクが一般的。

他にも深堀りが出来るように大型で長いリッパの「ジャイアントリッパ」。

平行に保つための機構があり、貫入深さを変えても貫入角度を一定に保つ事が出来る「パラレルリンク」等がある。

現在、製造している主要メーカーとしては、キャタピラージャパン(大型はアメリカのキャタピラー社)、小松製作所(コマツ)がある。

キントラアプリはこちら
関西展示場/0120-948-554 東海展示場/0120-936-251
  • 形状から検索 ■ 下記より検索方法をお選び下さい。車輌一覧をご覧になる場合はこちら →
  • 全車輌一覧へ
  • ウィング
  • 箱車/冷蔵冷凍車
  • 平ボディ
  • クレーン付/セルフローダー
  • ダンプミキサー
  • トラクタ/台車
  • バス・マイクロバス
  • 高所作業車/穴掘建柱車
  • パッカー/タンク/特装・その他
  • 重機・その他
絞込み検索 商品番号 メーカー 価 格
絞込み検索