TOPページへ
戻る

■ シビリアンとは

シビリアンは、1971年9月に日産自動車から販売されたマイクロバスで、それまでに販売されていたエコーの後継機となります。 市民という意味の「CIVILIAN(シビリアン)」から名付けられました。 製造は日産車体株式会社のグループ会社である株式会社オートワークス京都が請け負っていています。 幾度かディーゼルエンジン仕様の復活、廃止が繰り返されてきましたが、2014年4月現在、ディーゼルエンジンは廃止されており、TB45Eガソリンエンジンが標準装備となっています。 ロングボディタイプでは大人29人乗り、幼児車で大人3人+幼児51人乗り、標準ボディタイプは大人26人乗り、幼児車で大人3人+幼児39人乗りもしくは41人乗りが用意されています。グレードはロングボディに「GL」、「SV」、「SX」、「幼児車」の4タイプ、標準ボディには「SV」、「SX」、「幼児車」の3タイプが用意されています。 また、シビリアンは1993年からいすゞ自動車株式会社へOEM供給を行っていて「いすゞジャーニー」として販売されています。

登録台数 261

メーカー
価  格
年  式
形  状
通  称