TOPページへ
戻る

■ 発電機の用途

予測不可能な自然災害や停電に対して備えておくことは、大きな安心につながります。特に、公共施設や医療施設などにおいては、停電は瞬時たりとも許されません。また、デパートやホテル地下街などといった多くの人々が集まる場所においても同様で、予期せぬ停電が発生した場合、それらの機能の停止や大きな経済的損失 、時として尊い人命の損失につながることにもつながります。 大規模な災害が起こってから準備するのでは遅いということが東日本大震災でも浮き彫りになりました。 また、ご家庭用の発電機というのも非常に多くの種類が存在しますが、まだまだ多くの方にとって発電機は、あまりなじみのない機器となっています。価格も10万円前後のものが一般的であり、いざというときのためにとはいえ、購入するのにちょっと躊躇してしまうという方も多いと思います。もちろんのこと、利用するシーンに適していないものを選んでしまってはもったいないことです。 そのため、発電機を購入する際には他機器と同様に、用途を踏まえたうえで商品を選択することが必要です。

■ 発電機の種類と構造

発電機には、容量や用途、方式、価格、形状、スペックなど、いろいろな種類がありますが、大きく分けると「手動式」と「エンジン式」の2つのタイプがあります。 災害時などで活躍するのは後者のエンジン式発電機で、それ以外でも草刈りやお祭りの屋台などでも利用されているものなどがあります。 大きなエネルギーを得られると同時に使用できるパワーが大きく、継続的に使用できるというメリットがありますが、ガソリンの臭いと騒音を伴うこともあり、室内やマンション・アパートなどで利用するのには向いていません。 一方の手動式発電機は、ダルやハンドルを回して電力を起こす発電機で、エンジン式発電機と比較すると、発電量は100W程度のものと小さく、携帯電話の充電や簡易的照明用の発電機として使われています。 価格も安く、ガソリンなどの燃料も必要ないため、発電に掛かるコストはゼロですが、発電を行うためには手動でハンドルを回すといった手間が必要となります。

■ 古い発電機の処分

新しい発電機を購入したので古い発電機を処分したい、ずっと使っていない発電機を処分したい場合などは、他の電気機器などと同様に専門の買取業者に依頼して買い取ってもらう方法があります。 リサイクル法の施行により家庭用の機器を処分する際にもコストが発生する時代になりました。 メーカーや製造年、使用年数や部品の磨耗具合などの状態によって買取金額は変わりますが、震災後、発電機の需要も増えていることもあるため、処分を検討されている方は買取を依頼してみることもおススメです。

登録台数 261

メーカー
価  格
年  式
形  状
通  称