TOPページへ
戻る

■ ハイエースとは

ハイエースは1967年10月にトヨタ自動車から発売されました。 トヨエースを小さくしたキャブオーバータイプの乗用車、商用車で、バン(6/3人乗り)、ワゴン(9人乗り)、コミューター(12人乗り、15人乗り)、トラック(3人乗り)の4タイプが存在していました。 トラックタイプには標準車のほかに、パネルバン、フラット・デッキ、シャッター・バン、オープンバン、ダブルキャブなど多数のバリエーションが用意されていました。 2代目となるハイエースは1977年の2月に登場し、バン、ワゴン、コミューター、トラックの4種類全てがフルモデルチェンジすることになります。 1982年には3代目のハイエースが発売されます。 ですが、この時にモデルチェンジしたのはバン、ワゴン、コミューターの3タイプだけになり、トラックだけ2代目が継続生産される事になりました。 1985年8月に、2代目を継続生産していたハイエースのトラックが、3代目となるフルモデルチェンジを行います。 このモデルチェンジは「ダイナ」との共通化を図るもので、以降ハイエースのバン、ワゴン、コミューターとトラックは別々の進化を歩むことになります。 バン、ワゴン、コミューターのハイエース4代目は1989年8月に発売されます。 トラックの4代目は1995年5月に発売されました。「ダイナ」と共通化を図ったハイエースは、1tクラスのトラックをカバーするという位置付けでした。 そして、2004年8月にバン、ワゴン、コミューターのハイエースが15年ぶりのフルモデルチェンジを行うことになりました。 ところで、ハイエースの名前の由来ですが、先に販売されたトヨエースの名前を参考に「高級な」「高貴な」という意味の「High」と「Ace」を組み合わせてハイエースという車名が付けられたそうです。

登録台数 258

メーカー
価  格
年  式
形  状
通  称