TOPページへ
戻る

■ 日野自動車とは

1910年8月に東京瓦斯工業として創立され、1942年5月になって日野製作所が独立をはたし、日野重工業株式会社となりました。 その後、いくつか改称して、1999年に日野自動車工業株式会社と日野自動車販売株式会社が合併し、現在の日野自動車株式会社となりました。 2014年3月現在の本店所在地は東京都日野市日野台3丁目1番地1にあります。 トラック、バスなど商用車生産を中心に行っていて、その大型トラックは、国内でシェアNo1を誇っています。 また、2001年に第三者割当増資によりトヨタ自動車株式会社の子会社となっています。 2007年には海外販売台数が国内販売台数を上回るなど、国内トップクラスの技術力が海外でも通用することを証明しました。 日野は約20日間かけてサハラ砂漠などを横断する過酷なレースで知られるパリダカールラリーに唯一、日本国内の大型車メーカーで参加し好成績を収めています。 そんな日野が現在扱っているトラックは、大型トラックでプロフィア、中型トラックでレンジャー、小型トラックでデュトロがあり、バスでは大型バスにセレガ、ブルーリボンⅡ、中型バスにメルファ、レインボーⅡ、小型バスにリエッセⅡ、ポンチョなど豊富なラインナップがあります。

登録台数 272

メーカー
価  格
年  式
形  状
通  称