TOPページへ
戻る

■ 穴掘建柱車とは

穴堀建柱車とは、通信工事による建柱作業(電柱の建柱等)、大型のトランス(変圧器)の吊り上げ設置で必要なクレーン作業、基礎工事等の掘削作業で使用する掘削スクリューオーガ等を装備した車両を指します。 使用用途の多くは電柱の建柱作業に使われ、クレーンの先にオーガと呼ばれるドリルを装着し、ドリル先に地盤に合わせた各種オーガアタッチメントを付け替え、ドリルを回転させる事で地面を掘削します。 トラックのサイズとしては、2トン(2t)車、3トン(3t)車、4トン(4t)車、増トン車等、様々な用途に合うように小型から増トン車と言われるサイズのものまで存在します。 現時点で各架装メーカーから大型用の架装は存在していません。 車両の使用用途が特殊な為、運転免許の他にも資格が必要となり、クレーンを使う作業を行う場合は小型移動式クレーン運転技能講習を修了している事が必要になり、オーガによる穴掘り、建柱、抜柱作業を行う場合は、車両系建設機械基礎工事用技能講習を修了していることが必要となります。 近頃となっては使用頻度もさほど多くなく、特殊作業車両という事もあってか、レンタル、レンタカーを利用する事業主も少なくは無い。

■ 穴掘建柱車の用途

穴掘建柱車(ポールセッター)とは、掘削スクリュー(ドリル)を装備したクレーン車のことです。 大型電柱や大型トランスも吊り上げることができ、電設の建柱工事に活躍します。 その名の通り、地面に穴を掘り、電柱を立てるための作業車です。

■ 穴掘建柱車の種類・オーガアタッチメント

穴掘建柱車はオーガアタッチメントを変えることで様々な地盤や土質に対応させることができます。(メーカーによる)  アタッチメントの種類としては、土砂層から硬土用、サンゴ地盤や溶岩用など様々で、その地盤や土質に応じた素材、構造で掘削の効率を上げることができます。  用途や施工する地盤、土質の調査の元、アタッチメントを選択することで効率的に工事が行うことができるでしょう。

■ 穴掘建柱車の構造と販売および買取価格の関係

穴掘建柱車は、電柱工事など、地面に穴を掘る工事に使用するドリルを装備したクレーン車です。 構造としては、基本的にはクレーンの先にドリルが付いており、電柱を建てる穴の掘削と大型電柱運搬の際のつり上げが行えるようになっています。  クレーンの先のドリルは「オーガ」と呼ばれており、そのオーガをクルクルと回転することで地面を掘り、穴をあけます。回転速度自体はゆっくりとしたものですが、ちょっとした穴であれば、ものの見事に一瞬であけてしまいます。オーガについた大量の土はバイブレータ機能が付いている車両なら簡単に振り落とすことができます。  最新性能を持つ穴掘建柱車では、車両から離れた箇所、例えば川越しや道路越しでも建柱工事ができる複数段ブームを備えたタイプ、車体が5点のアウトリガ(補助輪)で支えられるタイプなどがあります。  備える性能によって販売および買取価格が異なるので、詳しくはお問合せください。

■ 穴掘建柱車の運転・操作に必要な資格

穴掘建柱車を運転・操作するためには、自動車運転免許(2007年6月以降に取得した方は中型自動車免許)が必要です。 その他に、「車両系建設機械基礎工事用技能講習」という講習を修了しなくてはいけません。 これは、運転技能の学科と実技を合わせた講習で、学科では穴掘建柱車の運転に際しての構造や取扱い方法、作業に際しての構造や取扱い方法、関連の法令などを学びます。 実技では、走行、装置の操作・合図などの実技講習を行います。  さらに、荷役作業と呼ばれる、電柱などの重量物の吊り上げ作業を行う場合は、別途「小型移動式クレーン運転技能講習」を修了する必要があります。

登録台数 261

メーカー
価  格
年  式
形  状
通  称