TOPページへ
戻る

■ ホイルローダーとは

ホイールローダーとは、建設機械の一種であり、車輪で自走する事が出来、建設現場等で土砂等をすくい上げ、ダンプ等の車両に積み込む事が出来る建設機械を指す。 類似車両としてはショベルローダーと呼ばれる物もあるが、名前は似ているが、全くの別物の機械となる。 ホイールローダーは4輪駆動であり、操舵は中折れ式になる。使用用途としては主には建設現場になるが、スノープラウ等のアタッチメントを使用する事で、除雪現場においても活躍する事が出来る。 一方、ショベルローダーは前方にバケットを装着している所はホイールローダと同様だが、駆動に違いがあり、ショベルローダーは2輪駆動になり、前輪駆動で走行する。 操舵も中折れしないので、後輪で操舵操作する事になり、類似品を上げるとすればフォークリフトに構造が似ている機械となり、フォークアタッチメントを装着する事で、フォークローダーとしても使用出来る。 ホイールローダー、ショベルローダーを操作する際に建設機械と言えど資格(免許)が必要になり、大型特殊自動車(一部は小型特殊自動車)扱いとなる為、大型特殊免許が必要になる。 現在、製造している主要メーカーとしては、キャタピラージャパン、日立建機、小松製作所(コマツ)、川崎重工業、クボタ、ヤンマー、コベルコ建機、トヨタL&F等がある。

■ ホイルローダーの用途

ホイルローダー(ホイールローダー)とは、車輪で走行するタイプのトラクターショベルであり、別名タイヤドーザーとも呼ばれます。 用途としては、土砂や砕石などをダンプカーなどに積み込むなどがほとんどです。  バケットを利用し、一度に大量の土砂などを処理することができるため、工事現場などで非常に重宝される重機の一つといえるでしょう。 また、鉱石や石炭などの荷役作業、穀物や畜産飼料などのバラ積み荷役作業などにも利用されます。 なお雪国では、スノーブレードなどを取り付けて除雪車として使用するケースもみられますし、林業では、バケットを取り付けての輸送作業、また、フォークを取り付けた状態での樹木の積み込み作業などでも重宝されています。  また、自衛隊、消防機関、警察などでは路上障害物の突破排除、災害瓦礫の除去作業などにホイルローダーは多用されています。 災害時や緊急時に強いことから、買取市場での需要も常に高い状態にあります。

■ ホイルローダーの種類

ホイルローダーには大きさの差異があり、その用途と必要なパワーによって、様々な種類があります。 一般的なところでは農業に使われたり、降雪地域の除雪などに、業務的には工事現場などの整地、床掘り、かき上げなどの用途で使用されています。  買取市場で人気なものとしては、小回りが利くホイルローダーとして、ミニホイルローダーが人気です。 金額的にも通常のホイルローダーに比べて安価なため、市場に多く出回っています。  基本的にゴムタイヤで走行するため、ブルドーザーやトラクターショベルに比べて馬力はありませんが、それでも使用頻度は高い重機の一種といえるでしょう。 日本では、ショベルローダーが荷役機械、ホイルローダーが車両系建設機械と分類されます。

■ ホイルローダーの構造

ホイルローダーは、基本的に四輪駆動になっています。 前輪と後輪の間の車体が折れ曲がる構造になっているため、軌跡は前輪と後輪が同様で、内輪差、外輪差は発生しない構造になっています。操縦は油圧稼働です。 小型特殊自動車登録可能なものの最高走行速度は、15km/h、中型、大型のものは30 km/h程度が出せるものもあります。  なお、公道走行時は、小型特殊自動車もしくは大型特殊自動車のどちらかの登録を行う必要があります。

登録台数 261

メーカー
価  格
年  式
形  状
通  称